EXmoney仮想通貨
仮想通貨取扱ショップ情報サイト
外貨両替
  
温泉 旅行
  
イベント 祭り
  
ホテル 宿
translation

よくあるご質問

仮想通貨はインターネットとコンピュータの計算能力の高さ、公開ガキ暗号の仕組みを組み合わせて作った、主にインターネット上で利用される通貨です。

買い物やサービスの決済、送金などに利用できます。また、値上がり期待から投資や投機の目的で保有する方もいらっしゃいます。

送金が簡単にできます。また送金手数料も比較的安価です。特に少額決済や、海外送金などが簡単に安く行えます。
クレジットカードの決済ではカードの番号の漏えいなどのリクスがありますが、 ビットコインの決済では秘密にするべき情報を外部に出さないため、より安全に決済が行えます。 ただし、オンラインウォレットなどの場合は、そのサイトの運営事業者の信用度やパスワードの管理に注意が必要です。
外部機関に依存することなく保有することが可能です。 日本円であれば銀行に口座を作り預けるか、現金であれば金庫などで保管する必要があります。 ビットコインは、一般のパソコンやスマートホン、やり方によっては一枚の紙に印刷して保管することが可能です。 金額の大きさには依存しません。

ブロックチェーンと呼ばれるデータの形で、インターネットに繋がったコンピュータ上の(ある種の)ウォレットで保管されています。 世界中のウォレットが同じブロックチェーンを持っています。

次の2つが必要です。

  • ウォレットと呼ばれるお財布アプリを入手する。
  • ビットコイン入手しウォレットに移動する。

ビットコインを入れるお財布アプリのことです。
インターネット上からダウンロードし、インストールすることができます。
またオンラインウォレットというインターネット上でのウォレットのサービスもあります。

仮想通貨の販売所または取引所で、銀行振込、クレジットカードなどで購入できます。
日本の決済サービス業者

 

世界の決済サービス業者

支払いにご利用いただける通貨は「ビットコイン」や「モナコイン」など数種類の仮想通貨です。今後も数多くの仮想通貨でのお支払が可能になっていくものと期待されております。

ウォレット上で、送金先アドレスを、金額を入力することで送金ができます。
アドレスはアルファベットの大文字と小文字、数字を組み合わせた文字列です。

仮想通貨の取引は、ブロックチェーン上に、送金元アドレスから送金先アドレスへいくら送ったか記録されており、 この情報は公開されています。
仮想通貨のブロックチェーンエクスプローラなどに支払い先アドレスや、支払った時の取引IDを入力することで、その取引を確認することができます。

仮想通貨の取引は、ブロックチェーン上に、送金元アドレスから送金先アドレスへいくら送ったか記録されています。 この情報は公開されています。
しかしながら、アドレスの所有者が誰なのか、ブロックチェーンをには書かれておりません。
一般的に、アドレスとその所有者を結びつけるのが難しいため、匿名性が高いと言われています。

モナコインは、日本で開発された仮想通貨です。しくみはビットコインとほぼ同じです。
ビットコインと比べて、ブロックチェーンの生成が早いため、取引確定の時間が短いのが特徴です。
アルファベットでは「MONACOIN」と表記されます。単位は「MONA」で表示されます。
利用する場合は、モナコイン用のウォレットが必要です。
「モナ」の名前は、匿名掲示板2ちゃんねるのアスキーアートの「モナー」から来ています。